雑記

Apple WatchでSuica決済が便利すぎ!コンビニや自動販売機で簡単に使えます!

投稿日:

どうも!きんこま(@KINKOMAcom)です。

僕はこれまでコンビニなどで買い物をするときは現金払いが基本でした。

過去にクイックペイを申し込んで、カードも発行して利用していましたが、チャージ不要ということもあり、使い過ぎてしまうことが多く使用するのをやめてしまいました。

もともと電車を利用するときはSuicaカードを使用していたので、Apple Watch購入後はApple WatchにSuicaを設定して利用しています。

そんなSuicaをなんとなくコンビニで使ってみたらとても便利でした!

やりとりが少ないから楽

商品を出すタイミングで「Suicaで払います」と宣言すればとてもスムーズに決済できます。

Apple Watchは常に手首にあるのでSuicaカードと違いカバンや財布から取り出すといった動作もなくて済むのでとても楽です!

ただ、Apple Watchをリーダーにかざしているときの手の形をどうしたらいいのか未だに迷います。

Suicaはチャージ制なので、自制心の弱い人も使い過ぎてしまうリスクは少ないと思います。

僕は月初めにチャージ上限である2万円までチャージして1ヶ月過ごせるように調整しながら過ごしています。

万が一足りなくなってしまってもiPhoneやApple Watchから簡単にチャージできるので大丈夫!

Suicaカードに2万円をチャージするのは、紛失リスクを考えると少し不安ですが、iPhone上で管理されているSuicaは物理的になくすことはあり得ないので安心できます。

一気に2万円もチャージするのに抵抗がある人は、ビューカードを使えばオートチャージの設定もできます。

Suicaアプリで履歴も簡単に確認可能

Suicaアプリを利用すれば電車の利用履歴はもちろん、いつ、いくら使用したかを時系列で確認できます。

使い過ぎが心配な人はアプリをチェックする習慣をつければ、自制心を保つことができるかもしれません。

欲を言えばどの店で使ったかまで分かればかなり便利なのですが、コンビニでも自動販売機でも全て「物販」という項目になってしまいます。

まとめ

コンビニの支払いに関するアンケートで、現金派の人は37%以上いる結果が出ています。

現金派の人の意見もわかりますが、実際に電子マネーやクレジットカード払いをしたことのない人の意見な気がします。

電子マネーやクレジットカードでの決済は、カードをかざすか、提示すれば支払いが完了するのでとても楽です。

Apple Watchでの支払いの場合は、さらにカードを取り出すという手間さえも省いてくれます。

このためにApple Watchを購入してもいいくらい便利です。

Apple Watchを所有していてコンビニでは現金払いをしている人は試しに利用してみてはどうでしょうか?

-雑記

Copyright© kinkoma.com , 2020 All Rights Reserved.