お金

ネットで稼げると実感した僕の原体験【後編】

投稿日:

どうも!きんこま(@KINKOMAcom)です。

前回の記事の続きです。

ネットで稼げると実感した僕の原体験【前編】

どうも!きんこま(@KINKOMAcom)です。 みなさんお金は稼いでますか? 僕の主な収入源は会社からの給料です。 このブログも徐々に見ていただける方が増えて来て、ありがたいことに2017年6月は約 ...

要約すると

高校時代の僕は、パネポというポイントサイトを使って稼いでいました。

始めは色々なサイトに無料登録してポイントをゲット。

そのあとは出会い系に同時登録されてしまう代わりに高ポイントを手に入れられるサイトに登録しまくる。

友達招待でポイントが手に入るシステムがあったのでそのURLを掲示板に貼りまくりポイント稼ぎ。

こんな調子でどんどんポイントを稼ぎ、この時点で25000円くらい稼いでいましたが、

「自分で稼ぐのではなく稼ぐ仕組みを作ればいいのではないか?」

と気づきました。

今回はその続きの話です。

高校性が片手間で10万円稼いだ話

結論から言うと、ホームページを作ってそこにパネポの招待URLを貼ってたくさんの人に登録してもらいました!

どんなサイトを作ったかというと、あまり大きな声では言えないですが、

「学校裏サイト」を作りました。

学校裏サイト(がっこううらサイト)とは、ある特定の学校の話題を扱う非公式のコミュニティサイトである。学校非公式サイト[1]ともいう。

ほとんどが部外者が入れないようパスワードを設定されていたり、携帯電話からのアクセスしか出来なかったり(PCからのアクセスはIPアドレスで判断され拒否される)、学校名で検索してもヒットしないようになっており、そのため検索などで探し出すのは容易ではない。2008年3月に文部科学省が発表した「青少年が利用する学校非公式サイトに関する調査報告書」では38260サイトが確認されたとしている。ただし、この報告書においては、2ちゃんねる、ミルクカフェ、Yahoo!掲示板などのいわゆる巨大掲示板の中のスレッドも1つとして数えている。これらを除外すると4733サイトとなる。巨大掲示板は部外者にも開放されており、パソコンでの検索・アクセスも可能であるため、この段落の冒頭の記述が当てはまるわけではない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/学校裏サイト

僕と同年代の人たちは知ってると思います。

僕が通っていた高校の裏サイトはすでに存在していたのですが、あまり認知されていなくアクセスも少ないようでした。

さらにデザインもダサい感じだったので自分でつくてしまおうと思ったわけです。

この頃なぜかHTMLの知識が少しあったので、まあまあ凝ったデザインのサイトを制作。

もちろん授業中にガラケーを使ってちまちまタグを記述して1週間くらいかけて完成させました。

今考えるととても根気のいる作業です。

サイトが完成しても始めは、書き込みもなければアクセスもありません。

僕はアクセスを増やすためにあることをします。

それは前略プロフィールのゲストブックに書き込みまくるということです。

当時多くの人が前略プロフィールを利用していて、そこにはゲストブックという掲示板みたいなものが設置してありました。

書き込んだ携帯電話の機種が表示されてしまうのでこの作業は家に帰ってからPCで行いました。

1日に何十人ものゲストブックに書き込んでアクセス数は急上昇。

すぐに1日1000PVを突破しましたが書き込みはなし。

この時点で当初の目的であるパネポで稼ぐことをわすれ、このサイトを盛り上げていきたいと思うようになっていました。

毎日のゲストブックへの書き込みのおかげかだんだん書き込みも増え、アクセスは1日5000PV以上に安定し、サイトは盛り上がってきました。

そうなってくると気になるのはパネポの方です。

僕の目論見通り登録してくれる人はどんどん増えていき1日に5人くらいは登録してもらえてました。

以前掲示板に無差別に書き込んだURLからも登録はあったと思いますが、その内訳はわかりません。

さらにタイミングよくパネポの友達登録キャンペーンが開始。

期間内に友達を誘った人数を競い、上位100人に14万ポイントプレゼントというもの。

このキャンペーンで僕は15位くらいにランクインし、14万ポイントを手に入れました。

こうして僕は稼ぐ仕組みを作り、何もしなくてもお金が入ってくるようになったのです。

しかし、この仕組みも長くは続きませんでした。

学校裏サイトの運営

学校裏サイトの運営はまあまあ面倒臭いものでした。

まずリアルでの会話。

それなりに知名度が上がってくると、友達と話していても自然と裏サイトの話題になります。

自分が運営者であると誰にも教えていなかったので「誰が運営者か?」みたいな議論については話を合わせるのに大変でした。

それと問い合わせもなかなか面倒くさかったです。

なぜこんなサイトを運営しているのか?

早くこんなサイト閉鎖しろ!

ここでは書けないような誹謗中傷もどんどん送られてきました。

始めにうちは丁寧に返信していましたが、だんだんと手に負えなくなり放置。

そうすると追撃のメールがまた届く。

中には学校の先生らしき人からも問い合わせがありました。先生を装っている人からのメールかもしれませんが。

そんな感じで連日届く多くのメールに僕はだんだんと消耗していました。

そんな時決定的な出来事が起きてしまいます。

突然の閉鎖の勧告。

いつものように届くメールを確認していると、Mスペ運営からのメールがあることに気づきます。

Mスペとは無料でサイトが作れるサービスのことで、当時はまあまあ使っている人がいました。

今でもあるのかな?

メールの内容は「サイトを閉鎖しないと通報します」みたいなかんじでした。

この頃社会的に学校裏サイトが問題になっており、Mスペも対応したということですね。

誹謗中傷メールに消耗していた僕はこの勧告を受け入れ、サイトを閉鎖させることにしました。

累計10万円を稼いで終了

サイトを閉鎖した頃にパネポで稼いだ金額は累計10万円を達成ていました。

再び裏サイトを作ろうとも思いましたが、また消耗するのは嫌だったので終わりにしました。

パネポは続けることもできましたがこれ以上稼ぐことは難しいと判断し、続けることはありませんでした。

ちなみに稼いだ10万円は全て楽天ポイントに変換し、ギターの機材購入費になりました。

まとめ

高校生の僕は稼ぐ仕組みを作ればいいと理解していましたが、今となっては会社員で消耗しています。

せっかく高校生の頃気づきがあったのにもったいないものです。

僕としては、このブログが突破口となって仕組みを作れたらいいと思っています。

サラリーマンでブログを運営し稼いでる人は結構いるので僕も頑張っていきたいと思います!

-お金

Copyright© kinkoma.com , 2021 All Rights Reserved.