購入レビュー

レンジでできるポップコーンメーカーを3ヶ月使い倒したので作り方を解説!

投稿日:

どうも!きんこま(@KINKOMAcom)です。

最近ポップコーンにはまっています。

コンビニなどで売ってる出来上がったものではなく、ポップコーン豆から自分で作る出来立てのポップコーンはとても美味しいです!

なんとなくAmazonで購入した電子レンジで使用できるポップコーンメーカーでしたが、とても良い買い物でした!

この記事では僕が使っているポップコーンメーカーを紹介します!

シリコン製で使い勝手が良いポップコーンメーカー

僕が使っているのはこのポップコーンメーカーです。

Amazonでは似たような商品がたくさん売っているので、迷ってしまいますが、値段の安かったこの商品を購入しました。

3ヶ月間使い倒したのでシリコンの蓋が少し黄ばんでいます。

買った時はもっと白っぽい色でした。

シリコン製ポップコーンメーカーでの作り方

ここでは僕が行なっている作り方を紹介します。

・ポップコーン豆を50g入れる

・オリーブオイルを豆が浸るくらい入れる

・塩を5gくらい入れて混ぜる

・600Wの電子レンジで6分20秒加熱する

ポップコーン豆を50g入れる

このポップコーンメーカーには内側にグラム数の線が引いてあるので、軽量しなくても50g入れることができます。

豆を入れるとこんな感じ

オリーブオイルを豆が浸るくらい入れる

オリーブオイルでなくても、サラダ油でも大丈夫だし、バター味をつけたい場合はバターを入れるといいでしょう。

僕は手軽に美味しくできるオリーブオイルに落ち着きました。

油を入れなくてもポップコーンを作ることができ、カロリーがきになる人にはおすすめです。

後述しますが、油を入れないとうまく塩味がつかないので、味をつけたい時は油を入れることをおすすめします。

塩を5gくらい入れて混ぜる

ポップコーン豆50gであれば塩は5g位がちょうどいいです。

今回はブラックペッパーも適当に入れてみました。

全体に塩が絡むようによく混ぜます。

ここでよく混ぜないと、塩が偏ってしまい、しょっぱいところとうすいところができてしまいます。

600Wの電子レンジで6分20秒加熱する

600Wで6分20秒というのは僕の経験から導き出した数字です。

加熱が短すぎると爆裂しない豆が多くなり、加熱しすぎると出来上がったポップコーンが焦げてしまいます。

3ヶ月間作り続けて一番最適な秒数を見つけました。

使っている電子レンジやポップコーン豆の質によって若干変わってくるので、微調整は自分で試してみてください。

うちのレンジは結構ギリギリでした。

完成

焦げてもなく、不発も少ないポップコーンの完成です!

食べ終わった後の不発はこのくらい

レンジでポップコーンを作る時の注意点

レンジでポップコーンは、加熱時間だけ注意すれば簡単にできますが、味をつけたい場合は少し注意が必要です。

油を入れずに作ることもできますが、油を入れないと塩がよく絡まないので、油を入れない場合は出来上がった後にしオボふりかけましょう!

僕はAmazonで購入できるバター醤油味のパウダーも購入したのですが、これを豆と一緒に加熱すると、パウダーが焦げてしまうので、出来上がってからまぶして食べましょう。

Amazonで購入できるコスパのいいポップコーン豆


このポップコーン豆が1kgあたりの値段が一番安く、2kg入りでしばらくなくならないので、購入の手間も省け、一番いいポップコーン豆だと思います!

画像では分かりづらいですが、かなり大きいです!ライターと比べた写真を撮りました。

塩味以外にも楽しみたい人におすすめの商品

出来上がったポップコーンにふりかけるだけで色々な味が楽しめる商品を紹介します!

ポテト用と書いてありますが、ポップコーンにも使用できます。

ポップコーンに使用する時はケチらずにたくさんふりかけると美味しいです!!

バター醤油味

コンソメ味

3種のチーズ味

のり塩味

明太子バター味

チリガーリック味

ガーリックバター味

サワークリーム味

まとめ

出来立てのポップコーンはかなり美味しいのでやみつきになってしまいます!

普通に出来上がったポップコーンを購入するより安価なので、節約にもなるかと思います。

あなたも是非試してみてください!

-購入レビュー

Copyright© kinkoma.com , 2022 All Rights Reserved.