映画 映画レビュー

映画レビュー「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」【感想・評価・ネタバレ有】

投稿日:

どうも!きんこま(@KINKOMAcom)です。

本日8月18日に公開されたアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

仕事終わりに早速見に行ってきました!

原作は岩井俊二氏で、過去にドラマ化、映画化されています。

僕はどちらも見たことはなかったので前情報なしでの鑑賞となりました。

脚本が大根仁氏、監督が新房昭之氏、アニメ制作がシャフトという情報のみで視聴を決意しました!

原作は『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』の岩井俊二。脚本は『モテキ』『バクマン。』の大根仁。刺激的な作品の数々で観客を魅了し続ける二人が綴るのは、“繰り返される夏の一日”を描くラブストーリー。総監督を務めるのは社会現象化した『化物語』『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之。独創性溢れる演出と映像表現でアニメ界に多大な影響を与える奇才が、アニメーションスタジオ「シャフト」と最強タッグを組み、イマジネーション豊かな世界を紡ぎ出す。
声の出演は、話題作への出演が相次ぐ広瀬すず。声優初挑戦となる菅田将暉。同世代のなかでも圧倒的な人気・実力を誇る二人のほか、声優界のトップランナー・宮野真守、国民的女優のひとり、松たか子と、ジャンルの垣根を越えた豪華キャストが集結。そして切なくも美しいメロディでラストを飾るのは、本作のためのコラボレーション、“DAOKO×米津玄師”による主題歌「打上花火」。

「もしも、あのとき…」「もう一度、時間を戻せたら…」
2017年夏、最高峰のスタッフ・キャストが、未体験の恋の奇跡を打ち上げる。

期待していたより残念でした

まず一番残念なのは声優さん。

よりによって僕の嫌いな広瀬すずと菅田将輝がそれぞれヒロイン役と主人公役をつとめています。

まあ人の好き嫌いは別として演技がひどすぎる。

特に菅田将輝演じる典道は終始棒読みで全然感情が入ってませんでした。

イケメンで売ってる俳優なんだから声優なんて断ればいいのに。

それに対しちょい役で出てくる人たちの声は俗に言う「シャフト声優」を中心にいい感じでした。

いろいろな都合があるんだとは思うけど、アニメファンとしては本業の声優さんをあててほしかったですね。

あとはストーリーが惜しい。

もしも、あのとき・・・
夏休み、とある浜辺の街。花火大会を前に、「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんななか、典道が思いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。
「かけおち、しよ」
なずなは典道を誘い、街から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。それを見ているだけで助けられなかった典道。
「もしも、あのとき俺が・・・」
なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な球を投げつける。
すると、いつのまにか連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた・・・。
なんども繰り返される1日の果てに、なずなと典道が辿り着く運命は?
繰り返す、夏のある一日。
花火が上がるとき、恋の奇跡が起きる−
引用:公式サイト

あらすじだけ見るととても面白そう!

僕はSFのジャンルのなかではタイムトラベル系が特に好きなのであらすじだけでワクワクしていました!

映画もはじめはワクワクしながら見れました。

なずなが街から逃げ出そうとしてもなんだかんだで母親に連れ戻されてしまう。

それを見た典道は球を投げて時間を巻き戻し、それを回避する。

しかし、その先で母親に連れ戻されてしまう。

そしたらさらに球を投げ時間を巻き戻すの繰り返し。

完全にシュタインズゲートのまゆりのシーンとかぶりました。

どうしてもまゆりを助けられない岡部はひとつずつ問題を解決していき、ようやく助けられると思ったら、まゆりか紅莉栖かどちらを助けるかの2択を迫られます。

まゆりを選ぶ岡部だが、最終的にどんでん返しがあったのがシュタインズゲート。

未プレイの人はプレイしてみてください!

僕は前述の通りタイムトラベル系のSFが好きなので、シュタインズゲートも大好きです。

そんな作品とかぶる部分があったので、終盤に迫るにつれて、僕の期待はどんどん膨らんでいきました

しかし、肝心のオチは視聴者に解釈を委ねる形で終わっています。

夏休み中に転校してしまったなずな、2学期が始まり先生が出席を取っているシーンで典道を呼ぶも返事はなく、学校には来ていない様子で映画は終わります。

僕は単純に「なずなが転校して傷心して学校に行きたくなくなった」と想像しましたが、「なずなと共にかけおちした」とも解釈できると思います。

これに関してはそれぞれ思うことがあると思うので友達と視聴したのであれば議論するのは楽しそうです。

僕としてはループしてきた時間のなかに散りばめられた「点」がラストのオチで全て繋がる瞬間を期待していたのでかなりもやもやが残りました。

タイムトラベル系SF作品の面白さはそういうところだと思います。

結末を想像するのも面白いですが、きっちりわかりやすいオチを付けて欲しかったです。

良かったところ

全体的に見ると残念な作品でしたが、良かったところもあります!

まずはアニメーションがきれい!

さすがシャフト!って感じの映像美です。

特にいいと思ったのは、電車のなかでなずなが歌いだすシーン。

なずなの想像の世界が繰り広げられるシーンは、それまでの現実的な描写とは真逆な、メルヘンチックなテイストで歌っているなずなの心のなかを見ているようで良かった。

そのあと時間を巻き戻し、同じ歌ってるシーンを繰り返すけど、そのときは典道目線でストーリーは進み同じ歌でもメルヘンチックにはならず、その対比も良かったです。

あとはキャラデザがいい!

物語シリーズに寄ってる部分が多いし、癖が強いから見る人によれば完全に好みが分かれるところだと思うけど僕は好きな感じでした。

一番いいと思ったのは青臭さ。

本作の主人公たちは皆中学生。女の子と目があうとそらしてみたり、海沿いの道をみんなで競争したり、先生にセクハラしてみたり、

いかにも青春って感じの演出が多くあって心が締め付けられました。

失われたあの頃の感情が戻ったような気持ちにさせてくれます!

まあこの映画に限らず、青春系の映画はだいたい同じような気持ちになりますが、

まとめ

はっきり言うと微妙な映画でした。

僕の場合期待値が高すぎたのでそのせいかもしれません。

僕と同じように大根仁!新房昭之!シャフト!見たい!って思うような人はもっとハードルを低くしてから見に行ったほうがいいでしょう。

大根仁氏は9月16日公開の「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」でも監督、脚本を担当しているので期待したいと思います!

-映画, 映画レビュー

Copyright© kinkoma.com , 2020 All Rights Reserved.