購入レビュー

カナル型イヤホン愛用者がAirPodsをしばらく使って見た感想

投稿日:2018年5月14日 更新日:

どうも!きんこま(@KINKOMAcom)です。

皆さんは音楽を聴くときにどのようなイヤホンを使っていますか?

僕はappleから発売されている「AirPods」を使っていますが、以前はEtymotic ResearchのHF5というイヤホンを使っていました。

エアーポッズとの大きな違いは「カナル型」であることです。

HF5は通称「3段きのこ」と言われる独特なイヤーピースを使用していて遮音性が特に優れてます。

僕もそうでしたが、カナル型に慣れてしまっている人は、いくらAirPodsが魅力的であっても、今更インナーイヤー型であるAirPodsを買うのをためらってしまいますよね。

僕は思い切って購入して見た結果、買って良かったと思えています!

この記事ではカナル型イヤホンからAirPodsに買い換えた感想を書いていきます。同じ悩みを持っている人は参考にして見てください。

AirPodsをカナル型に変えたいと思っている人は「AirPodsをカナル型にする変更する方法を解説!音漏れも予防できます!」こちらの記事を見てください!

AirPodsをカナル型にする変更する方法を解説!音漏れも予防できます!

どうも!きんこま(@KINKOMAcom)です。 アップルから発売されている「AirPods」 僕も実際に使っていますが、かなり便利で、音楽を聴く機会が圧倒的に増えました。 もともとカナル型のイヤホン ...

続きを見る

評判通りAirPodsの遮音性は低い

インナーイヤー型のイヤホンはカナル型イヤホンに比べ遮音性の低さが問題です。

遮音性とはイヤホン装着時、外の音を聞こえにくくする性能のことです。

僕は、特に遮音性の高いイヤホンを使用していたため、かなり気になります。

地下鉄などの周りの音がきになる場面での使用は、いつも通りの音量だとかなり聞こえづらいです。

だからと言って音量を上げると音漏れも気になるので、対策のしようがありません。

遮音性を第一に考えてカナル型イヤホンを使っている人にはAirPodsはおすすめできません。

遮音性の低さはかなり気になりますが、それを凌駕するメリットを感じているので僕はAirPodsを使用し続けています。

音楽を聴く機会が圧倒的に増えた

僕は昔、iPod classicで音楽を聴いていましたが、今ではiPhoneで音楽を聴いています。

気持ち的にはiPod classicを愛用したいのですが、iPhoneで音楽を聴く手軽さ慣れてしまい、今ではほとんど使用していません。

AirPodsを利用することでさらに手軽に音楽を聴くことができるようになりました。

それぞれの音楽を聴くまでの動作は以下の通りです。

コード付きイヤホンの場合

  • 1.イヤホンをジャックに差し込む
  • 2.イヤホンを耳に装着する
  • 3.iPhoneで再生の操作をする

AirPodsの場合

  • 1.イヤホンを耳にはめる
  • 2.イヤホンをダブルタップする(AirPods本体をダブルタップすることで"再生/一時停止”の操作を割り当てることができる)

比べるとだいぶ動作が簡略化されることがわかります。

AirPodsは自動的にペアリングされるので、iPhoneに触れることなく音楽を聴けるのはかなりお手軽です。

さすがにiTunesに入ってる曲を全曲iPhoneに入れることは容量的にできないので、聴きたい曲を選んで同期する手間はありますが、それを差し引いてもこの手軽さはかなり魅力的です。

iPhone、Apple Watch、AirPodsの相性は抜群

AirPodsを使うのにiPhoneを使うのは前提として、さらにApple Watchと合わせることでとても便利になります。

音楽を聴いている気は、再生、一時停止、曲送り、曲戻し、音量の調整がApple Watchでできるようになります。

とても便利になるというわけではありませんが、わざわざiPhoneを操作する必要が無くなるので、慣れてしまうとなくてはならない機能です。

さらにAirPodsは音楽を聴くだけでなくマイク機能もあるので通話をすることができます。

Apple Watchに着信の通知がきて、Apple Watchで応答できるのでAirPodsを装着した状態であればiPhoneに触ることなく通話をすることができます。

僕は髪が長いので、AirPodsを装着していても髪で隠れてしまいます。そんな状態でハンズフリー通話をしているのではたから見れば変な目で見られているかもしれません。

遮音性の低さもときにはメリットになる

AirPodsのデメリットとして遮音性の低さをあげましたが、それはときにメリットにもなります。

それはコンビニなどで人と話をするときです。

カナル型イヤホンを装着している場合、人と話すときはイヤホンを外さなければ会話をすることはできません。

AirPodsは遮音性が低いので、聴いている音楽を停止さえすればそのまま人と会話することができます。

音楽の一時停止は本体をダブルタップすることでできるので簡単です。

カナル型を愛用している人がAirPods購入の際、覚悟しておくべきデメリット

遮音性の低さ

先ほども言いましたが、AirPodsに遮音性は全くありません。

カナル型イヤホンで通常利用できる場面でも、AirPodsでは利用できないことが多々あることでしょう。

遮音性に関してはどうしようもないので、諦めるしかありません。

自分が普段音楽を聴いている場所を思い出して見てください。

通勤中の地下鉄や、バス乗車時に通るトンネルなどはありませんか?

そいいった状況での使用が多い場合はあまりお勧めできません。周囲の騒音のせいで音楽を聴くことは難しいです。音量をあげれば聴くことはできますが、音漏れが激しく周りの人に迷惑がかかってしまいます。

音質の悪さ

音質にこだわりを持ってイヤホンを選んでいた人はおそらくAirPodsの音質では満足できないと思います。

AirPodsの値段は約18,000円、この値段であれば他に自分好みの良質なイヤホンを選んで買うこともできるはずです。

僕が使っていたEtymotic ResearchのHF5の値段は2、3年前の購入当時で9,000円ほどでした。(今は少し値上がりしています)

比べると半値で購入できますが、音質は圧倒的にHF5の方が上です。

2つのイヤホンを比べてみると以下の表のようになります。

HF5 AirPods
高音域 良い 悪い
中音域 良い 普通
低音域 普通 悪い

 

かなり簡略化してしまいましたが大体こんな感じです。

HF5は高音がよかったのでギャップもあるかもしれませんが、AirPodsは高音の抜けの悪さがかなり気になります。

HF5はBA型と呼ばれるイヤホンで一般的に低音が弱いとされています。そんなHF5と比べてもAirPodsの低音は聞き辛いです。

今低音の音質を重視したイヤホンを使っているのであれば結構気になってしまうかもしれません。

これは個人的な感想なのであくまで参考程度として考えてください。

音質に関しては色々な意見があるので自分で確かめてみるのが一番です。

AirPodsの音質はiPhone付属のイヤホン「EarPods」と大体一緒なので、家電量販店などにあるイヤホンの視聴コーナーで聴き比べてみるといいでしょう。

あまり違いがわからないのであれば音質に関して悩むことはありません。

まとめ

僕はデメリットを上回るメリットを感じているのでエアポッズを使用し続けています。

昔は音質にこだわって音楽を聴いていた時期もありましたが、今では手軽さ、便利さを重視して聴くようになっています。

もちろん高音質で音楽を楽しみたいという思いは持っていますが、忙しい現代社会において手軽に聴けるというメリットは大きいです。

カナル型のAirPodsが発売されてくれれば一番いいのですが、おそらくそれはないでしょうね。

それでも個人的にはAirPodsおすすめです。

特に最近音楽聴く機会が減ったと思う人は手軽に聴けるAirPodsはうってつけです!

以前は購入まで数週間待ちになる程でしたが、今ではすぐに購入できますよ。

-購入レビュー

Copyright© kinkoma.com , 2018 All Rights Reserved.