購入レビュー

AirPodsをカナル型にする変更する方法を解説!音漏れも予防できます!

投稿日:

どうも!きんこま(@KINKOMAcom)です。

アップルから発売されている「AirPods」

僕も実際に使っていますが、かなり便利で、音楽を聴く機会が圧倒的に増えました。

もともとカナル型のイヤホンを使っていたので、インナーイヤー型であるAirPodsに買い換えるのは少し抵抗がありましたが、買ってよかったと思えています。

詳しくは「カナル型イヤホン愛用者がAirPodsをしばらく使って見た感想」こちらの記事にまとめてあります。

カナル型イヤホン愛用者がAirPodsをしばらく使って見た感想

どうも!きんこま(@KINKOMAcom)です。 皆さんは音楽を聴くときにどのようなイヤホンを使っていますか? 僕はappleから発売されている「AirPods」を使っていますが、以前はEtymoti ...

続きを見る

僕がAirPodsを使用する上で気になったことは遮音性の低さと音質の悪さです。

それ以上に便利さがあるので使用し続けていますが、解消させたい気持ちもあります。

そんな時にAirPodsをカナル型に変更できるアイテムがあることを知りました。

この記事ではAirPodsをカナル型に変更する方法を詳しく解説していきます!

AirPodsをカナル型にする際の注意点

AirPodsをカナル型にするためにはサードパーティー製のシリコンカバーをつける必要があります。

おそらくamazonなどで検索すると多くの商品が出て来ると思いますが、購入する際に注意が必要です。

似たような商品で「EarPods」をカナル型にするための商品もあります。

一見EarPods用のカバーも使用できるように思えますが、EarPods用はAirPodsでは使用できません!

AirPodsに付いている光学センサーが、 EarPods用だと隠れてしまい、AirPodsの機能が制限されてしまします。

AirPodsの機能をフルに活用するためにもきちんとした商品を選びましょう。

この記事で紹介している商品は全てAirPodsに対応しているので安心してください。

AirPodsをカナル型にするためのカバーの選び方

各社からいろいろな商品が出ていますが、それぞれ特徴があり、

カナル型により近い商品

落下防止に特化した商品

カバーをつけた状態でケースにしまえる商品

大きく分けるとこの3つの中から選ぶ必要があります。

自分がどの機能を重視しているかよく考えて商品を選びましょう!

おすすめ商品早見表

メーカー名 Pures AHAStyle Spigen DamonLight
商品画像  
遮音性
装着感
落下防止機能 × ×
ケースにしまえるか × × ×
音質 変わる 変わる 変わらず 変わらず
着脱 ×

この表を元にそれぞれを紹介していきます。

AirPodsをカナル型にするためのカナル型により近いイヤホンカバー

Purest (ピュレスト)サウンドブーストアタッチメント


引用:Amazon

音が出る部分が飛び出していて、耳の中にフィットするので、よりカナル型に近い装着感
が得られます。

シリコン内部の構造も特許技術を使用していて、音質が劣化することはないですが、AirPods単体の音質とは変わってしまうので注意が必要です。

特に音質のこだわらない人は気にすることはありません。

ケースにしまう際には取り外す必要がありますが、慣れると着脱は簡単にできます。

カラーバリエーションも白、水色、緑、ビンク、黄色の5種類もあるので、好みの色を選べるものいいですね。

Amazonレビュー

装着の安定感が増します 音質は好み次第 取外しは当然面倒ですけど移動時の使用に躊躇してましたが、落下の不安は解消されました。音質はカナル型に近づくので音の届きは良くなりますし、薄っぺらなシャカシャカ感は減少し、然りとて耳に痛いようなブースト感も有りません。全般として個人的には合ってる感じがします。コンタクトレンズケースをアタッチメントの携帯用に使うと便利です。私の場合は充電時のみケースに入れて、耳から外した時はアタッチメントをそのままで、ジーンズのコインポケットなどに突っ込んでます。音質はイコライザーで好みに調整すれば良いと思います。
充電時に外した後、写真の様にひっくり返しておけば、次回装着の際楽です。
引用:Amazon 

Amazonレビュー

用途によっては有りです。
【付け外し】
中々に手間取ります。
シリコン部を引き延ばしながらの装着になるので耐久性が心配です。
また、装着したままではケースに入らないため、別途持ち歩く手段が必要です。
【装着感】
悪化します。
音を出す部分が飛び出す形になっており、カナル型のように耳へねじ込む必要があります。
逆にそれが外音遮断の役割を果たすため、電車の中など騒音が大きい場所では良いかもしれません。
【音質】
元々あった抜け感が無くなり篭ったような音になります。
その分低音はこれまでより強調されているように感じました。
音質が良くなった悪くなったではなく、変化したというのが適当かと思います。
【まとめ】
今までのように手軽な使い方を求める方には向いていない商品です。
日常使いではなく、騒音が大きい場所で使ったりロックを聴いたりとピンポイントな使い方になるのではないでしょうか。
そういった意味で2500円という価格は割高に感じました。
引用:Amazon 

AHAStyle Apple AirPodsイヤホン用イヤホンカバーイヤホン


引用:Amazon

カナル型によくあるイヤーピースのデザインで、安定感がかなり上がります。

イヤーピースの大きさはLサイズとSサイズの2種類が同梱されているので、自分にあった方を使用できます。

音質は変わってしまいますが、密閉感がますので、低音はよく聞こえるようになります。

ケースにしまう際は取り外す必要がありますが、専用ケースが付属しているので、持ち運びには便利です。

色は白と黒の2種類です。

黒は耳垢が目立ってしまうので、よく考えて購入しましょう!

Amazonレビュー

安定感が違う
正直、なぜairpodsはカナル型で出なかったのかと思っていたくらい。便利なんだけど、全くもって耳に合わない。カナル型なら耳の穴でホールドできるので、音漏れや外れが気にならなくなります。環境音の遮音も高まってしまうので、そこは注意が必要ですが、耳に入れた時に、最初のポジションをほぼ維持してくれるという安定感が良いです。既存のエレコムの商品もありますが、airpodsに完全対応していないので、センサーを覆ってしまいます。カナルタイプなら外耳の形に合わせるような部分は不要とも思いますが、どうせ装着したままケースに収納するのは不可能であるなら、LとRの方向が明確にわかって、イチイチ見なくても装着出来る方が好ましい。充電ケースから出してイチイチ装着、使用後は外して…は相当面倒ですが、もうそういうものだと割り切って使ってます。
引用:Amazon

Amazonレビュー

落ちない!
AirPodsがすぐ落ちそうになるので、カナル型になるやつを探していると完璧なものを見つけました。
実際に付けてみると想像以上に落ちません。
AirPodsの弱点の、下から押してみても固定されています。
寝っ転がっても落ちません。
ただ、ケースに入れたときフタが閉まらなくても充電ができたらいいなと思っていたのですが、シリコンが当たってしまって充電できませんでした。
そこが残念ですけど素晴らしいです。
引用:Amazon 

AirPodsをカナル型にするための落下防止機能のついたイヤホンカバー

Spigen Apple AirPods 用 イヤーフック


引用:Amazon

世界100カ国以上で販売されているiPhoneケースブランドSpigen(シュピゲン)から発売されているカバーです。

流石のSpigen製品で品質も良く、人気も高い商品です。

イヤーフックの大きさは2種類が同梱されているので、自分にあった方を使用できます。

装着感はカナル型とまではいきませんが、人間工学的なデザインを採用しているので、落下する心配は格段に少なくなります。

音質はAirPods単体とほとんど変わりません。密閉感がますので、若干低音がよく聞こえるようになります。

ケースにしまうときは取り外す必要がありますが、簡単に着脱できるので、慣れれば大丈夫でしょう。

Amazonレビュー

気に入りました
アップルのEarPodsもAirPodsも私の耳に合いにくいみたいで歩いたりしての移動中はしょっちゅう耳を気にしなければいけなかったのですが、この商品を知り早速買ってみました。
使用感としてはとても良いです。徒歩中でも全く耳からAirPodsが落ちてくる感覚もなく、これなら運動中でも使えそうです。
ただ充電するときはいちいち外さなくてはいけないのがちょっと面倒ですね。
引用:Amazon

Amazonレビュー

接続が途切れることがある…。
AirPodsそのままだと、落ちないまでもズレてしまい、リスニングに集中出来ない為購入しました。
カバーを付けることでズレずに快適な使用感にはなりましたが、BT接続が途切れるように…。また、購入前から分かってはいましたが、カバーを付けたままで充電ケースへしまえなかったり、やはり使い勝手が良くはないです。
引用:Amazon

そのままケースにしまえるAirPodsをカナル型にするためのイヤホンカバー

DamonLight airpods用イヤーピースシリコーン製イヤホンカバー


引用:Amazon

この商品は何と言っても装着したままケースにしまえるのがとても便利です!

しまう際は少し力を加える必要がありますが、問題ありません。

他の製品はどうしてもサイズが大きくなり、ケースにしまうことができないので、使用する際に着脱するのが面倒な人はこの商品一択ですね。

他の商品と比べると装着感は安定せず、若干落下の心配があるかもしれません。

それでもそのままケースにしまえるのはかなり便利なので、AirPodsのフィット感がもう少しだけまして欲しいという人にはおすすめできます。

Amazonレビュー

意外に効果的!
購入の動機は、airpodsの装着感がいまいちだったため、藁にもすがる思いで、装着感向上を狙いました。
商品が到着し、現物を見たところ、かなり薄めの作りでしたので、効果については半信半疑でした。
事前にネットで調べたたとおり、カバーを水に濡らしてから装着。装着は、若干手惑いましたが、難なく完了。
装着後は、airpodsの装着感が驚くほど向上し、首を振ったり、軽めの運動ならば、ずれたり、落ちたりしなくなりました。
ただ、難を言うと、カバーが薄めの作りであるにも関わらず、ケースとは若干干渉し、ケースの蓋の開閉の際、擦れます。でも、airpodsの装着感という恩恵に比べれば、些細な問題でしかありません。
引用:Amazon

Amazonレビュー

1000円切ったら☆5
他のレビューもあり半信半疑で買って見ました。商品ページの説明に沿って装着して見ましたが特に切れるようなこともありませんでした。装着したままケースにしまうことも問題ありませんでした。
実際の使用感ですが、耳の中でのグリップ力が上がり付け心地はかなり良くなりました。
また音漏れを抑止しているからなのか、装着前より没入感が上がりました。(カナル型イヤホンに寄るイメージ)
値段は少し高いですが、商品としてはおススメです。
980円くらいになれば星5つだと思います。
引用:Amazon

まとめ

AirPodsをカナル型にする商品は数多く出ていますが、それぞれの特徴を理解して自分にあった商品を見つけてください!

メーカー名 Pures AHAStyle Spigen DamonLight
商品画像  
遮音性
装着感
落下防止機能 × ×
ケースにしまえるか × × ×
音質 変わる 変わる 変わらず 変わらず
着脱 ×

 

-購入レビュー

Copyright© kinkoma.com , 2022 All Rights Reserved.