お金 キャッシュレス

キャッシュレスで便利なQR決済、LINE Pay(ラインペイ)について詳しく解説!

投稿日:

キャッシュレス化が注目されている今、様々なQR決済サービスがあります。

中でもLINE Pay(ラインペイ)はメッサーじアプリであるLINEが提供するサービスです。

日本の多くの人が利用するLINEなので、これからどんどん普及していくことが予想されます。

この記事ではLINE Pay(ラインペイ)とはどのようなサービスなのか?基本的なことを詳しく解説していきます。

スマホ決済サービスLINE Pay(ラインペイ)とは?

LINE Pay(ラインペイ)とは、メッセージアプリであるLINEが提供する、QR決済サービスです。

LINE Pay(ラインペイ)のアプリを使うことで、友達同士で送金できたり、割り勘ができたりするのが特徴です。利用者は、登録にや使用の際に手数料を支払うことなく利用できます。

もちろんコンビニや飲食店などでも使用することができ、今後も加盟店が増えていくと予想されています。

登録の際にはクレジットカードにあるような審査はなく、短時間で利用開始することができるので、今後さらにQR決済が進み、更に使いやすいアプリになることが予想されます。

LINE Pay(ラインペイ)の使い方

LINE Pay(ラインペイ)を使うためにはまず自分のアカウントにお金をチャージする必要があります。

チャージ方法は銀行決済でチャージ、ATMからのチャージ、LINE Payカードからのチャージ、コンビニでチャージなど、様々の方法があります。

チャージが完了したら利用したいレジでQRコードを表示し、読み取ってもらえれば決済できます。

非常に簡単にQR決済を利用できるので、まずはLINE Pay(ラインペイ)アプリをダウンロードしましょう!

LINE Payのダウンロード方法

LINE Pay(ラインペイ)は、今あなたが使っているLINE(ライン)アプリから始めることができるので、新たにアプリをダウンロードする必要はありません。

  1. LINE Pay(ラインペイ)を始める手順
  2. LINE(ライン)アプリを起動
  3. 右下の「ウォレット」タブをタップ
  4. 「LINE Payを始める」をタップ
  5. 下に出てくる「始める」をタップ
  6. 「すべてに同意をタップして「新規登録」をタップ

これでLINE Payの利用を開始できます。

LINE Pay(ラインペイ)のメリット

キャッシュレス決済が非常に便利

まだまだ現金決済が主流な日本ですが、キャッシュレス社会実現のための政策もあり、これからどんどん発展していくものです。

いままで現金決済しかしてこなかった人は突然キャッシュレスになるのは少し違和感があるかもしれませんが、慣れてしまうとかなり便利です。

お札や小銭を持たずにお金の管理ができ、レジのスピードも早くなり、いい事づくしです。利用するとLINEからメッセージが届くので管理もしやすく、万が一不正利用がされた場合もすぐに対処できます。

さらに、このあと解説しますが、ポイントも最大5%つくので現金決済よりもお得に買い物をすることができます。

最大5%還元で現金決済よりお得(2019年7月まで)

LINE Pay(ラインペイ)には、「マイカラープログラム」という制度があり、決済金額によってランク(マイカラー)が決まり、マイカラーによりポイント還元率が決まります。

2019年7月まではQRコード支払い促進キャンペーンが行われていて、最大5%ものポイントが還元されます。

仮に10万円の利用があったらポイントは5,000円分ももらうことができます。

キャンペーン期間が終わっても、現金決済ではもらうことができないポイントを、日頃の買い物でもらうことができるのでかなりお得です。

送金機能や割り勘機能が便利

LINE Pay(ラインペイ)を利用することで銀行口座を知らなくても、LINEの友達にお金を送ることができます。

飲み代の支払い忘れや借りていたお金の返済など、色々な用途に利用できます。

送金は銀行口座の登録と残高のチャージが必要です。

送金の手順はかなり簡単で、金額を決めて送る友達を選ぶだけで行うことができます。

受け取ったお金はLINE Pay(ラインペイ)残高に反映され、登録した銀行口座で出金することもできます。

出金するに本人確認が必要なのと、手数料も216円かかるのでその点だけ注意しましょう。

LINE Payカードが使える

LINE Payカードとは、JCBと提携するプリペイドカードのことです。

クレジットカードのように使用できますが、はじめにお金をチャージしないと使用できないし、チャージした以上の買い物をすることもできません。

クレジットカードを作れない人や未成年の人は便利に利用することができるので持っておいて損はないカードです。

LINE Pay(ラインペイ)へのチャージもLINE Payカードから行うことができます。

残高はQR決済と共有されるので、店舗でリユする際は、QR決済を利用し、ネット通販などを利用する際はLINE Payカードを利用といったような使い方をすると麺理です。

利用明細がラインで通知が来る

クレジットカードの利用もその都度メールで連絡が来る用に設定できることもありますが、LINE Pay(ラインペイ)では、利用するたびに公式LINEメッセージが届きます。

メールでの通知は見逃すこともあり、万が一不正利用されたときは気づくのに遅れてしまう可能性もあります。

LINE(ライン)で通知が来れば見逃すことはなく、直ぐに対応ができることでしょう。

利用履歴をチェックしたいときはメッセージを遡れば確認でき、LINEアプリ内で完結するのはべんりです。

LINE Payが使える店は?

LINE Pay(ラインペイ)は2019年4月現在、QR決済はコンビニや家電量販店などの多くのお店で利用できます。

JCBカードが使える店ではLINE Payカードで決済できるし、公共料金も提携している会社であれば支払うことができます。

うまくLINE Pay(ラインペイ)を使用することでポイントを効率よく貯めることができそうです。

LINE Pay(ラインペイ)でQR決済ができるコンビニ

ローソン、ファミリーマート、セイコーマート、ポプラ

LINE Pay(ラインペイ)でQR決済が利用できるカフェ

スターバクスコーヒー、上島珈琲

QR決済が利用できる店舗は今後も増えていく

上記店舗の他にもQR決済を利用できるお店はたくさんありますが、まだまだクレジットカードのような普及率はありません。

しかし、国もキャッシュレスを目標に政策などを行うので、これからどんどん普及していくはずです。

LINE Pay(ラインペイ)の安全性・セキュリティ

いくら便利といっても、実際のお金をやり取りするわけではないので安全面・セキュリティについて不安な人も多いかと思います。

2014年にはLINEアカウントが大量に乗っ取られ、登録されている友だちにプリペイドカードを購入させ、カード番号を聞き出そうとする被害が多数出ました。この件以来、LINEはセキュリティを大幅に改善したという過去もあります。

LINE Pay(Lラインペイ)はきちんと設定すると安全に使用でき、セキュリティ面に関しては心配する必要がありません。

安全面・セキュリティについて解説します。

クレジットカードと違い通信が暗号化されている

クレジットカードが危険であると言いたいわけではありませんが、LINE Pay(ラインペイ)は通信を暗号化するため、LINE Pay(ラインペイ)の登録情報がお店の人に知られる心配はありません。

さらに、国際的なセキュリティ認証基準であるPCI DSSやISO/IEC 27001に準拠しているので安心です。

10万円までの不正利用保証サービスがある

万全なセキュリティですが、万が一不正利用が行われた場合は1件あたり10万円までは保証されます。

しかし、ユーザーの過失が大きい場合は保証が受けられない場合ああるのでパスワードの設定などはしっかし行いましょう。

LINE Pay(ラインペイ)を使うとメッセージで通知される

LINE Pay(ラインペイ)を使うと、その都度公式からメッセージで内容が通知されます。

LINEを普段遣いしているのであれば、身に覚えのない不正利用が万が一あった場合も通知ですぐに確認できるので、被害の拡大を最小限に抑えることができます。

まとめ

LINEがかなり浸透している日本では、LINE Pay(ラインペイ)はスマホQR決済サービスとして使いやすいサービスです。

キャッシュレス化が進みつつある今、注目されているサービスなので、今後もっと発展が予想されるLINE Pay(ラインペイ)を活用してみてはいかがでしょうか?

-お金, キャッシュレス

Copyright© kinkoma.com , 2019 All Rights Reserved.