映画 映画レビュー

映画レビュー「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」【感想・評価・ネタバレ有】

投稿日:2017年7月17日 更新日:

どうも!きんこま(@KINKOMAcom)です。

先日公開されたポケモン20周年記念作品「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を視聴してきました。

サトシとピカチュウは、途中でソウジとマコトに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。

「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」

いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン、マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むセンテイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。

二人はホウオウにたどり着くことができるのか!?旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

参照:http://www.pokemon-movie.jp

見どころや感想

バトルシーンがカッコいい!

バトルシーンが全体的に迫力があってかっこいいです!

特に冒頭のカメックスVSゲンガーの戦いはこれから始まる映画のワクワク感を一気に高めてくれました。

さらにカメックスVSゲンガーのそれぞれのトレーナーは「ミュウツーの逆襲」に登場していたトレーナー「スイート」と「ソラオ」でした!

     

こういった演出も昔からのファンとしては嬉しいですね。

ただバトルの内容はイマイチでした。

カメックスはゲンガーにれいとうビームを放って氷漬けにし、その後繰り出したフシギバナに対してはハイドロポンプで戦っていました。

属性とか関係ない平和な世界ですね。

ゲームのポケモンをプレイしている人は少し違和感を感じるかもしれません。

初代ポケモンが中心的に登場

やはり20周年記念作品ということで、大人たちもターゲットにしているのか、昔のポケモンが多く登場しています。

最近のポケモンをしらない人も楽しめるような演出かもしれませんね。

またアニメ版でも登場したバタフリーやリザードンも登場します。

これは賛否ありそうな話でしたが、アニメ版のエピソードとは少し違います。

まずはバタフリーの話

バタフリーが子作りのため色違いのバタフリーとともに旅立つという本筋の流れは同じですが、

やはり映画ということで話が駆け足に進んでしまうため、イマイチ感情が入ってきませんでした

一応キャタピーからトランセル、トランセルからバタフリーへの進化の流れは劇中で触れられますが、

アニメ版との違いもあるため見てると少しこんがらがってしまします。

リザードンに至っては話が全然違います。

アニメ版では全くいうことを聞かないリザードンですが、今回の映画ではとてもいい子です。

ポケモンに強さのみを求める「クロス」が捨てたヒトカゲをサトシが助けるのが出会いです。

そこからリザードンまで進化させるのですが、やはりすこし駆け足感があります。

アニメ版を見ていた大人が見ると違和感だらけですが、エピソード自体はおもしろかったです。

特に自分を捨てたクロスが攻撃を受けそうになった時、リザードンが身代わりになって攻撃を受けるシーンはジーンときました。

厳選厨クロス

今作の悪役は前述しましたが「クロス」という男、ポケモンに強さのみを求める非情な男です。

ヒトカゲに関しては、弱いという理由で捨てようとするも、いつまでも付いてくるからそこで待っているよう指示し、どこかへ行ってしまします。

ヒトカゲは嵐が来てもその場で待ち続けついにはひんしの状態になってしまいます。

そこをサトシに助けらるというわけです。

劇中で悪者扱いされているクロスですが、リアルでポケモンのゲームをプレイしている人に置き換えてみると少し面白いと思いました。

おそらく、そだてやさん付近には劇中のヒトカゲのように逃がされたポケモンたちで溢れていることでしょう。

こう考えるとクロスの見方もすこし変わってきますね。

クロスは我々が行っているようにごく普通に強さをもとめているのです。

ただ、フシギバナにガチテンションでハイドロポンプで攻撃する世界なので、ポケモンに関して謎が解明されていない世界であるとも考えられます。

クロスはそんな世界の中、自分なりにポケモンの育成方法を確立して強くなろうとしているかもしれません。

新しいことを始めようとする人は叩かれる傾向があるので、クロスのやり方は受け入れられてないのかもしれません。

最終的にはサトシと和解してクロスもいい子になってしまします。

個人的にはクロスには自分の信じた道を進んで欲しかったです。

 

喋るピカチュウ

すこし話題になっているので知っている人もいるかもしれませんが、今作でピカチュウは人語を喋ります。

物語も終盤にさしかかり、大ダメージを受けているピカチュウ。

さらに追い討ちをかけられ絶体絶命のピンチにサトシはピカチュウになぜモンスターボールに入らないのか問いかけます。

それに対するピカチュウの答えは

「いつも一緒に居たいから」

このセリフの後ピカチュウはモンスターボールの中に避難しダメージを免れます。

このピカチュウのセリフは実際人語を喋ったのではなく、サトシ主観でそう「聞こえた」ということでしょう。

人はポケモンの言葉を理解することはできません。

しかし、一緒に過ごしているうちに意思疎通できるようになっていきます。

今回の出来事でサトシとピカチュウの絆が一層深まり、サトシにはピカチュウの言葉がしっかり理解できたということでしょう。

突然喋り出したピカチュウに一瞬驚きましたが振り返ってみるととてもいいシーンでした。

ソウジとレントラー

今作劇中で一緒に旅をする「ソウジ」「マコト」についてあまり語られることはありません。

しかし少ない「ソウジ」のエピソードに気になるものがありました。

それはソウジの幼少期のエピソード。

親とあまり関わることのなかったソウジは「レントラー」が唯一の友達でした。

レントラーとは何をするにも一緒だったのに、ある日ソウジは一人で出かけます。

その夜吹雪にあい、ソウジは体力が低下して動けなくなっていまします。

そのとき遠くからレントラーが駆けつけ、雪の中ソウジをあたためてくれます。

朝になるとレスキュー隊が駆けつけソウジは一命を取り留めますが、レントラー既にしんでしまっていました。

ポケモンではひんしはあっても実際にしんでしまうことは今までなかったような気がします。

20周年で新たな試みをしたのか、それとも僕が忘れているだけなのかわかりませんが、これにはおどろきました。

でもなんでレントラーなのかはよくわかりませんでした。

昔のポケモンが多く出ていたので、別にウィンディとかでよかったんじゃないかと思います。

その一件以来落ち込んでしまっていたソウジはルカリオに救われたと言います。

どちらかというと落ち込んだエピソードより、救われたエピソードを話して欲しかったですね。

ホウオウVSピカチュウ

物語は最終的にうまくまとまり、サトシは一行はホウオウに出会うことができます。

サトシはホウオウにバトルを申し込みホウオウはそれを受託。

ホウオウとピカチュウのバトルが始まります!

しかし、残念ながらこのバトルが描かれることはありません。

ラストはポケモンセンターに傷を負ったピカチュウを預け、ジョーイさんにホウオウと戦ったことを驚かれるだけ。

せっかく全体的にバトルシーンが面白かったのに最後の最後でバトルシーンがカットされたのはとても残念でした。

まとめ

一応子供向け映画なのでストーリーなど突っ込みどころは多いですが、懐かしさも相まって全体的に良い映画だと思います!

連休中の夕方に鑑賞したせいか、子供たちの割合が多く、終始ざわざわしていましたが、

ポケモンを見て喜んでいる子供たちを見るとほっこりして、少しくらいうるさいのもあまり気になりませんでした。

多分僕たちがミュウツーの逆襲を見たときも同じようにうるさくしていたかもしれません。

今作が初めてのポケモン映画の子供も多いはずです。

僕が今こうして20年前を振り返りながら映画を見られるように、この先20年もポケモンには頑張ってもらって、夢を与え続けて欲しいです!

サトシ&ピカチュウねんどろいどの予約も開始ています!

ねんどろいど「サトシ&ピカチュウ」など最近予約開始したおすすめフィギュア!

どうも!きんこま(@KINKOMAcom)です。 最近予約を開始したフィギュアがなかなかアツイのでまとめて紹介したいと思います! 僕自身ねんどろいどが好きなのでねんどろいどが多めの紹介となっています! ...

-映画, 映画レビュー

Copyright© kinkoma.com , 2021 All Rights Reserved.