ミニマリスト

白シャツの襟元、袖口の汚れはトップ プレケアが断然おすすめ!

投稿日:

どうも!きんこま(@KINKOMAcom)です。

ミニマリストを志し、私服の制服化を行い毎日白シャツを着用しています。

ミニマリスト初心者が私服の制服化に挑戦したら思いの外捗った

どうも!ミニマリストのきんこま(@KINKOMAcom)です。 前にミニマリストを名乗ればミニマリストになれるということが分かったので、僕はすでにミニマリストです。 しかし、具体的にまだ何もしていなか ...

白は清潔感がり、とても良いのですがその分汚れが目立ってしまいます。

特に襟元や袖口は直接皮膚とこすれ合う部分なので汚れがつきやすいし、普通に洗濯するだけでは落ちない場合もあります。

そんな襟元や袖口の汚れを落とすのにおすすめ商品が「トップ プレケア」という商品です!

トップ プレケアとはどんな商品?使い方は超簡単!

トップ プレケアとは、LIONから発売されている先端がスポンジ状になっている洗濯用洗剤です!

使い方は襟元や袖口に直接塗り、そのまま洗濯機に入れるだけでオーケー!とても簡単です!

頑固な汚れはスポンジ部分でこすったり、5分ほど放置してから洗濯すると効果的なようです。

既にこびりついてしまっているような汚れは1回の洗濯では完璧に汚れを落とすことは難しいですが、継続して使用し続けることでだんだんと汚れを落とすことができます!

僕の白シャツ洗濯方法を解説!

まずは襟元と袖口にトップ プレケアを塗り、軽くこすります。

次に洗濯機で洗うのですが、この時に漂白剤を入れて少し浸け置きします。

漂白剤は衣類用漂白剤を使っていたのですが、最近は台所用漂白剤を洗濯にも利用しています。

色柄ものは台所用漂白剤を使うと色落ちしてしまうようですが、白シャツの場合落ちる色がないので問題なく使用できます!

台所用の方が値段が格段にやすいので助かります!

浸け置きが終わったら洗濯用の液体洗剤を入れ通常通り洗濯します。

浸け置きの時間はその時の気分で変わります。

30分くらいの時もあれば、浸け置きしていることをわすれ3時間くらい浸け置きしっぱなしの時もあります。

生地を傷めているのかもしれませんが、特にきになる変化はないのであまり気にしていません。

僕の白シャツ洗濯方法はこんな感じです。

僕はこの商品に出会うまで液体洗剤を直接襟元や袖口に垂らし、軽く手洗いをしてから洗濯機で洗濯していました。

しかしこの作業がなかなか面倒くさく、パッと見て汚れがそんなに目立たないようなら手洗いはせずにそのまま洗濯機で洗うことが多くなってしまいました。

そんなことをしていると気付いた時には手洗いをしても落ちない汚れに変わってしまい、諦めて、新たに白シャツを購入しようか迷っていた時にトップ プレケアに出会いました。

ダメ元でこびりついた汚れに使用し続けていたら知らないうちに綺麗になっていました!

スポンジ状の先端は塗りやすく、たいした手間ではないので、そんなに汚れていなくても予防も兼ねて洗濯の時は毎回塗っています。

まとめ

清潔感ある白シャツを保つためには少し手間が必要です。

毎回手洗いで襟元や袖口を洗うことができる人にはこの商品は必要ないでしょう。

”手洗い”という手間を”塗る”だけにしてくれるのがこの商品!

ぼくのようなズボラな人でも清潔感のある白シャツを保てるでオススメです!

詰め替え用もあるのでお得に利用できます!

-ミニマリスト

Copyright© kinkoma.com , 2020 All Rights Reserved.